FC2ブログ

第1回:うちの狐娘会話

マスター「はい、じゃあまず自己紹介して」

東城彩美(以降:彩)「え、唐突ですね」

四葉野クロハ(以降:ク)「いつものこと」

夜月よひら(以降:よ)「それでは彩美ちゃんからよろしくね」


彩「私からですね、初めまして東城彩美(とうじょうあやみ)と言います。
名前は我が家の主人、東城博一さんが付けてくれました、よろしくお願いします。」

彩「はい、次!」

ク「四葉野クロハ(よつばのくろは)です、よろしくお願いします…はい。」

彩「え!?それだけ!?名前の由来とかは?」

ク「これ以上は何もないです。」

よ「クロハちゃん、必要なこと以外余り言わないからねぇ…はぁ…可愛い…。」

彩「よひらさん脱線してます…。」

よ「あら、ごめんなさい。
私は夜月(やづき)よひらと言います、淫魔と狐のハーフです、よろしくお願いしますね。」

マスター「そんじゃ、あとは適当に会話してて」

彩「そんな適当な!」

よ「それじゃあ、プロフィールから色々気になったところでも突っ込んでいこうかしら、先ずは…彩美ちゃん、記憶喪失ってなってるけどどうしたのかしら?」

彩「記憶喪失になっちゃったのは妖怪退治の時に…ってそうそう!私達妖怪退治してるの!」

よ「話変えたわね。」

彩「これ説明しないと私達成り立たないじゃないですか〜!」

よ「え〜それ説明するの面倒臭いじゃない」

彩「今の日本では、負の感情が多く残る世の中になってるの。」

よ「説明するんだ…。」

彩「む〜!
それでね、その負の感情が人の体内から出てくるんだけど、それが集まると体内からあふれて悪魂(あくたま)として出てくるの!
それを放っておくとさらに負の感情を集めて妖怪に実体化しちゃうの!」

よ「それを退治するのが私達ね、人様の巫女の力じゃ太刀打ちできないからって呼ばれたのよ。」

ク「でも行ってこいって指示出したのはマスター。」

よ「そうね、だから人の巫女がお願いしに来なくてもどのみち私達きてたのよね。」

彩「そこは絶対に人間の巫女さん達に言っちゃダメですよ…!」

よ「え、ダメなの?」

彩「ダメなんです!それ知っちゃうと買い物のとき安くならなくなるんです!」

よ「…彩美ちゃんそれ…。」

ク「彩美お姉ちゃん…。」

彩「しょうがないでしょ!東城家のお財布を任されてる以上、1円でも負担を減らしたいんです!
それに…住まわしてもらっていますし…。」

よ(別に言っても退治の手伝いしてるんだし、状況はかわらないとおと思うけどなぁ)

ク「記憶喪失の話は?」

彩「あ〜…えぇ…私達が妖怪退治してる時にチョットね…。」

よ「まぁ、いっかそんな感じで。
じゃあじゃあ続いてはクロハちゃんの番ね!
私は見てきてるけど、クロハちゃん武術使えるのよね、どんな武術なの?」

ク「少林寺拳法くらい、他は見様見真似で覚えてる。」

よ「ジャッ○ー○ェンの結構好きで観てるよね、あんな感じになりたいの?」

ク「なれたらいいなって思ってる…もう終わっていい?」

彩「速い!」

よ「あぁ…そんな顔でみられたら私断れない!!」

彩「はぁ…それじゃあ最後によひらさんですね。」

よ「あぁ、私はいいのよ、本編がそのうちできると思うからその時に見てね!」

彩「えぇ!?チョットずるいです!」

マスター「お?終わったか?
っと言うわけでよろしくお願いします。」



次へ
関連記事

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

みかちょむ

Author:みかちょむ
サークル:狐耳暮らし
(オリジナル・オッドアイ・狐耳)

DLsite[1週間ランキング]
ツイート

Twilog

最新記事
カウンター
Pixiv  
カテゴリ
リンク
もっつぉ様 バターもっち

みんとあいす様 アサツキミント

ひなた悠様 あとりえひなた

じょんたけ様 電波すぴん

シュウリン様 すにぃる

ヤミヨ様 黒輪舞曲のBlog

Lendiant様
蜜姦

月別アーカイブ
 
同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com
検索フォーム
最新コメント